株式投資

機関投資家の大量の空売りを把握するには?

投稿日:2020年7月9日 更新日:


こんにちは!

原明奈です。

令和より株式投資の勉強についてブログを更新しています。

今回は第129回目の更新です。

過去の関連記事はこちらから。

はじめての方はこちらからご覧ください。

 

機関投資家の大量の空売りを把握するには?

楽天証券等で見れる「信用売」には機関投資家の空売りが入っておらず、個人の空売りのみであることは以前書きました。

ではどこで見たらよいのかというと、irbank空売りネットのサイトです。

3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメントを例に挙げたいと思います。

irbankの上記リンクを見て頂くと、ガンホーの機関投資家の空売り状況が分かります。

メリルリンチモルガンスタンレーが入っています。

▼メリルリンチは103万株、モルガンスタンレーは120万株の空売りをいれています。

▼時系列でみると、だんだんと空売りを増やしていることが伺えます。

この空売りは、いつか買い戻しをしなければならないので、そのタイミングで株価が上昇することが予想されます。

▼7月8日、モルガンスタンレーは空売り残高が減っています。買い戻しをしてきました。

▼7月9日現在のガンホーのチャートはこちら。

今後どうなるのか注視しておきましょう!

こちらも合わせてご覧ください♪

相場を動かす機関投資家、その動きを考えることが勝つ鍵となる

博多へ

先週、株の仲間に会いに、博多に行きました。

イカの活き作りを味わえる「河太郎」さんへ。

このお写真の段階で、まだイカちゃんはクネクネ動いておりました。

私が今まで食べてきたイカってイカじゃなかったのかと思うくらい、味も食感も別物で衝撃を受けました。

実は博多滞在中に2回も行きましたが、また今すぐにでも食べたいと渇望しています。

一緒に博多行きましょう!!笑

-株式投資

Copyright© 株式投資と和漢美容のブログ , 2021 All Rights Reserved.