和漢・漢方

暑い夏を乗り切るための漢方

更新日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師の原明奈です。

今年の夏は暑いことが予想されているようですね…!

本日は夏を乗り切るための漢方薬をご紹介させていただきますね。

 

清暑益気湯(せいしょえっきとう)

こんな症状の方に

暑気あたり、暑さによる食欲不振・疲れ・下痢

 

この漢方薬の構成

  • 黄耆・人参・白朮:からだに元気をつける、余分に汗が漏れ出るのを防ぐ
  • 五味子:すっぱさで体をひきしめ汗をとめる、からだを潤す
  • 麦門冬:肺をうるおす
  • 黄柏:からだのほてりを冷ます
  • 当帰:からだに栄養をあたえる、からだを潤す
  • 陳皮・甘草:胃の機能を高める

 

この漢方薬のはたらき

夏ばて用に作られた漢方薬。

清暑益気湯の名前の「清暑」は暑さを涼しくする、「益気」は体の元気をつけるという意味が込められています。

9つの生薬からなっていますが、ほとんどの生薬は温める方向で冷やすのは黄柏のみ。

夏場であっても火照りは取るけれど体は冷やさない、というのは漢方の基本ですね。

夏の暑さによって汗がすごく出てしまうと身体の中が乾いてしまいます。

そこでうるおわせる働きと、汗腺がゆるゆるになっているのをひきしめる働きの生薬を。

そして暑さで体力が消耗してしまうので、体に元気をつける生薬が入ります。

 

この漢方薬を入手するには

実はこの漢方薬、エキス顆粒になったものがありますが、医療用にしかなくお医者さんに処方してもらうものになります。

気軽に手にいれられないんですね。

そのかわりに「白虎加人参湯」(体をうるおす漢方)+「補中益気湯」(元気をつける漢方)を合わせてお飲みになるのが良いかと思います。

 

生脈散もおすすめです。

マツウラさんの「生脈宝」には清暑益気湯の中心となる生薬4つが配合されています。

いかがでしたでしょうか。

「暑い夏を乗り切るための漢方」をお送りしました。

備えあれば憂いなし。

夏の暑さは変えられませんので、どのように対処していくかが大切ですよ。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.