和漢・漢方

花まつりと天然の甘いお茶

更新日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師の原明奈です。

4月8日は何の日かご存知ですか。

この日はお釈迦様の生誕を祝う行事があり「灌仏会(かんぶつえ)」といいます。

この行事は「花まつり」の名でも親しまれています。

春の花々で飾られた小さなお堂に「甘茶」を湛えた水盤があり、その中の仏像に甘茶を注いで参拝するのが慣わしです。

本日はこの甘茶についてとりあげてみたいと思います。

 

甘茶

こんなときに

糖尿病患者さんの砂糖の代わりに、花まつりに

 

甘茶とは

アマチャの葉を乾燥させてから、水気を与えて発酵させると甘味がでてきます。

さらに天日干しをして、ときどき揉みながら乾燥させます。

これで甘茶の出来上がりです。

アマチャはアジサイの仲間。

伊吹山では、昔から甘茶を製造していたことが知られています。

そしてどのくらい甘いかというと砂糖の1000倍と言われています。

私も飲んだことあるのですが、本当に少量でとっても甘いんですよ。なのにノーカロリーです。

常に甘いものが欲しい方、糖尿病患者さんで砂糖が摂れない方におすすめです。

 

甘茶の入れ方

甘茶2gくらいを1リットルの水で煎じてください。お湯に浸して3分くらい蒸らしてもできますよ。

最初は甘茶の量を少なめからがおススメです。

甘すぎると気持ち悪くなってしまうかもしれません。

 

(⇑amazonにリンクしています。アジサイのイラストがかわいいです。)


(⇑楽天にリンクしています。プチプライスです^^)

いかがでしたでしょうか。

「花まつりと天然の甘いお茶」をお送りしました。

この甘味はぜひ一度お試し頂きたいと思います。

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

 

友だち追加

6月に花屋さんにてイベントを開催いたします。

詳細なご案内はLINEにて「花」とメッセージいただきますと自動返信されます。

ご興味のある方お気軽にご連絡ください。

【名古屋開催】花屋さんでの漢方養生レッスン

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.