和漢・漢方

血糖値が気になる、ダイエットにも良い日本の薬草茶

投稿日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

本日は、日本で昔から飲まれている薬草のお茶のご紹介です。

ハトムギやドクダミほどには有名ではないのですが、飲みやすいので毎日続けやすいお茶ですよ。

 

カキドオシ(連銭草)

こんなときに

血糖値が気になる、ダイエット、結石予防

 

連銭草とは

カキドオシは四月~五月ごろに唇のような形をした薄紫色の花を咲かせます。

シソ科なので少しハッカのような香りがあります。

生薬名を「連銭草(れんせんそう)」といい、カキドオシの全草を使います。

いろいろな効果が期待できますが、有名なのは血糖値を下げるはたらきが強いこと。

糖尿病の予防のため、ダイエットを期待して毎日飲まれると良いですね。

ほかにも子供の疳の虫を落ち着かせるはたらきがあり「疳(かん)とり草」と呼ばれます。

ヨーロッパでは咳や喘息などの呼吸器系の症状に使うようです。

 

連銭草の飲み方

連銭草10~15gを600mLの水で煎じてください。

水が半分くらいになるまで煎じ、これを1日3回食間にのみます。

 

(⇑こちらはティーパックになったもので扱いやすいです。)

 

いかがでしたでしょうか。

「血糖値が気になる、ダイエットにも良い日本の薬草茶」をお送りしました。

ぜひ取り入れて頂きたい薬草茶です

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

⇑ライン@にてブログの更新や、漢方にまつわるお役立ちの情報の配信をしています。登録してくださるとうれしいです。

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.