漢方

日本のお風呂に重宝される、五木八草湯

投稿日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

今日はお風呂、薬湯のおはなし。

和ハーブの本からの話題です。

五木八草湯(ごぼくはっそうとう)

日本でお風呂の中に薬草をいれる風習は古くからあります。

その中でも五木八草湯といって、五つの木と八つの草が良く使われます。

  • 五木:モモ(桃)、ウメ(梅)、ヤナギ(柳)、クワ(桑)、エンジュ(槐)
  • 八草:ショウブ(菖蒲)、ヨモギ(蓬)、オオバコ(車前草)、ハス(蓮)、オナモミ、クマツヅラ、ハコベ、スイカズラ

どれもおなじみのもの、日本に昔からあるものですね。

桃の葉は以前こちらで紹介しました。

紫外線による肌のほてりや夏場のあせもに、桃葉のお風呂

ヨモギはこちらで体を温めるお茶としてご紹介。

お風呂にいれても身体を温めるはたらきがあります。

妊婦さんでも安心!冷えとり薬草茶 ~よもぎ~

ちなみにオナモミは、小さいころくっつき虫として遊んでいたこちらのことです。

あせもや皮膚炎に良いようです。

なんと現在は絶滅危惧種に指定されているとのこと。たしかに見なくなったようなきがします。

 

いかがでしたでしょうか。

「日本のお風呂に重宝される、五木八草湯」をお送りしました。

入浴剤は買うだけではなく、お庭や道端に生えているものを使っても十分楽しめそうですね。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

⇑ライン@にてブログの更新や、漢方にまつわるお役立ちの情報の配信をしています。登録してくださるとうれしいです。

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.