和漢・漢方

ジュクジュクしてかゆみが強いときの漢方

更新日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

春になってきて身体の中に熱がこもってきたことで、痒みが酷くなっている方がみえます。

本日はとくに掻きむしってしまい、ジュクジュクした部分もあるような方におすすめです。

 

消風散(しょうふうさん)

こんな症状の方に

アトピー性皮膚炎、じんましん、湿疹、あらゆる皮膚疾患

 

この漢方薬の構成

  • 地黄・当帰・胡麻:血行を促進する、お肌に潤いと栄養を与える
  • 石膏・知母:熱をさます、体のかわきを潤す
  • 苦参・牛蒡子・蝉退:かゆみを止める
  • 荊芥・防風:外部刺激を軽減させる
  • 蒼朮・木通:水の動きをよくして、ジュクジュクを抑える
  • 甘草:炎症をとる、他生薬のバランスを整える

 

この漢方薬のはたらき

体の表面が熱を帯びて、ジュクジュクし分泌物の多い湿疹、かゆみがあるときに使います。

東洋医学で「風(フウ)」というのは、かゆみを引き起こす要因とされます。

「風」によるかゆみを「消す」ということから「消風散」と呼ばれています。

この処方は、かゆみを止める、ジュクジュクを抑える、肌をうるおす、ほてりをとるものがバランスよく配合されています。

 

(⇑商品にリンクしています。)

 

 

いかがでしたでしょうか。

「ジュクジュクしてかゆみが強いときの漢方」をお送りしました。

この漢方薬にはめずらしく、せみの抜け殻がはいっております。蝉退(センタイ)といいます。

抜け殻が薬用になるなんて面白いですね。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

⇑ラインにてブログの更新をお知らせしています。

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.