不眠・ストレス

春が近づくにつれてこころが落ち着かないとき「甘麦大棗湯」

更新日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師の原明奈です。

春が近づき、すこし心が落ち着かない患者さんが増えおります。

本日は漢方薬だけれど、食品としても成り立っちゃうお薬。

この中身なのに興奮症状にとても効果が高いんですよ。

 

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)

こんな症状の方に

興奮症状、不眠症、夜泣き、あくびなど

 

この漢方薬の構成

  • 小麦:からだに栄養をあたえる、心を落ち着かせる、熱感をとる
  • 甘草:胃腸のはたらきを良くする、心を落ち着かせる
  • 大棗:胃腸のはたらきを良くする、心を落ち着かせる

 

この漢方薬のはたらき

とくに理由がないのに急に泣いたり、笑ったりと情緒不安定になってしまう状態を和らげる漢方薬です。

子供や女性に使うことが多く、あくびを良くする方に効きやすい傾向があります。

小麦・大棗(なつめ)・甘草という食品としても使われる穏やかな生薬の組み合わせです。

この3つはすべて心を落ち着かせるように働きます。

甘くてとても飲みやすい漢方薬ですよ。

 

注意点としては、甘草という生薬が入るので少しむくみやすくなります。

甘草はしょうゆやビスケット、飴にも甘味付けで使われる身近なものですが、合わない方は急激にむくみが出ることもあります。

そういう場合は服用を中止してください。

 

(⇑商品にリンクしています。)

 

いかがでしたでしょうか。

「春が近づくにつれて、こころが落ち着かないとき」をお送りしました。

みなさんのご家族でもこういう興奮がある方がいれば、ぜひ試してみてください。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

⇑ラインにてブログの更新をお知らせしています。

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-不眠・ストレス

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.