漢方

日本では1人しか教えていない東洋医学の診断法

投稿日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

東洋医学の診断法には独特なものがあります。

代表的なものは、舌診(舌べろをみる)、脈診(脈をみる)、腹診(お腹を触る)

この3つは書籍が出ているのである程度自分で勉強することは可能です。

しかし書籍化していない、しかも日本では1人の方しか教えていない診断法に出会いました。

この診断法を2年前より学んでおりますので、少しご紹介いたしますね。

 

眼診(がんしん)

台湾の薬剤師の家系の先生がされている診断法になります

1分間ほど目を診て頂いただけで、性格や今の身体の状態をピタリとあてられます。

これから気を付けたいこともアドバイスしてくれます。

これまでは一子相伝のものだったようですが、今では広く生徒さんに教えてくださっています。

(⇑いつも希少な岩茶を頂きながらお話を聞いています)

 

眼診の手法

眼診については門外不出なのでお話できる範囲で書きますね。

1.性格・体質

その方の眼の周りの線などをみることにより判断します。

これは教科書的に教えて頂いただけではものにはできず、経験を積んでだんだんと分かってくるものです。

 

2.症状(病気の進行度、重症度、これから予測できる病気など)

目の中を走る血管の位置や形、太さ、色、瞳孔の状態などをみて判断します。

こちらの方が早く習得することができますし、実際に出ている症状や病気が分かるためすぐに役に立ちますね。

ただ体質を踏まえた上でのアドバイスが必要です。

(⇑こちらは台湾のサイトより拝借しています)

 

いかがでしたでしょうか。

「日本では1人しか教えていない東洋医学の診断法」をお送りしました。

店名は伏せておりますが日本ではここでしか教えていないので、気になる方は検索してみてくださいね。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

3月に漢方養生レッスンを名古屋にて開催します。ライン@にて案内をしています。

登録いただきましたら「レッスン」とメッセージ頂きますと自動返信にて案内を送ります

【名古屋】漢方養生レッスンを開催いたします(クラシックピアノ演奏付き)

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-漢方

Copyright© 株式投資と和漢美容のブログ , 2019 All Rights Reserved.