漢方

鼻炎がつづき、黄色い鼻水が出る方に

更新日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

以前話題にしましたモクレン

つぼみは「辛夷(シンイ)」と呼び、鼻の通りをよくするはたらきがあります。

春のおとずれと花粉症の漢方と。

花粉症の時期が近づいていますので、本日もこの辛夷が入る漢方薬をご紹介いたします。

 

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

こんな症状の方に

鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎など

 

この漢方薬の構成

  • 辛夷:鼻の通りを良くする、痛みをとる
  • 黄芩・山梔子:炎症をとり熱をさます
  • 知母・石膏・麦門冬・百合:粘膜を潤す
  • 枇杷葉:咳・痰を鎮める
  • 升麻:薬の薬効を頭の方へもっていく

 

この漢方薬のはたらき

鼻炎が長く続くと鼻の粘膜が乾燥してきて熱感をもってきます。

熱感を持ってきた、というのは鼻水の状態を見ればわかります。

鼻水が黄色くなって粘り気がでてきた、というのが熱があるという証拠です。

辛夷清肺湯は鼻の通りをよくしつつ、鼻の粘膜の炎症を抑え潤すはたらきがあります。

(⇑商品にリンクしています。小林製薬さんが蓄膿症をイメージしたネーミングをつけています。)

鼻水がさらさら、ポタポタ、透明のときは以前ご紹介したこちらがおススメです。

今年の花粉量の予測と、鼻炎症状につかう漢方

 

いかがでしたでしょうか。

「鼻炎がつづき、黄色い鼻水が出る方に」をお送りしました。

鼻の症状を改善する漢方薬は、鼻水の状態によって使い分けてみてくださいね。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

3月に漢方養生レッスンを名古屋にて開催します。ライン@にて案内をしています。

登録いただきましたら「レッスン」とメッセージ頂きますと自動返信にて案内を送ります

【名古屋】漢方養生レッスンを開催いたします(クラシックピアノ演奏付き)

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.