和漢・漢方

更年期で胃腸の調子が悪い、腰痛などの痛みがつづく方に

投稿日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

更年期と一口にいっても症状は様々ありますね。

本日は更年期で胃腸の調子が悪い、腰痛などの痛みがつづく方に使う漢方薬のご紹介です。

 

五積散(ごしゃくさん)

こんな症状の方に

更年期障害、腰痛、関節痛、神経痛、胃腸炎など

 

この漢方薬の構成

  • 麻黄・桂皮:体を温める、痛みを止める
  • 芍薬・甘草:筋肉の緊張をゆるめ、痛みを和らげる
  • 蒼朮・茯苓:関節などにたまった水分をとる
  • 陳皮・半夏:消化を整える
  • 当帰・川芎:血行を良くする、痛みを止める
  • 厚朴・枳殻・桔梗・白芷:巡りを良くし、痛みを和らげる
  • 乾姜:身体を温める、消化を助ける
  • 大棗:胃腸を整える

 

この漢方薬のはたらき

中年の女性で、かつ慢性的な腰痛、関節痛、神経痛、胃腸炎などで困っている方に使う漢方薬です。

ここでいう痛みは激しい痛みではなく、我慢できる範囲だけれど冷えむくみがあるとひどくなるというもの。

漢方名の「五積」とは体内に「気・血・痰・寒・食」の5種の病毒がたまり、それを治すという意味が込められています。

更年期の年代になると原因は1つだけではなく複雑化しているんですね。

五積散は16種類もの沢山の生薬から構成されており、むくみをとる、胃腸を整える、血行をよくする、痛みをとめるなど多彩なはたらきをします。

薬味が多いので飲んですぐに効果が出る、というよりは2~3か月かけてじっくりと体調を整えるという漢方です。

(⇑商品にリンクしています。)

いかがでしたでしょうか。

「更年期で胃腸の調子が悪い、腰痛などの痛みがつづく方に」をお送りしました。

更年期に使う漢方薬は沢山あります。

以前、更年期関連で紹介した漢方薬を載せますので合わせてご参考ください。

もしかして更年期?めまい・ふらつきが気になり始めた方へ

イライラが収まらないときに使う漢方薬「加味逍遙散」

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

3月に漢方養生レッスンを名古屋にて開催します。ライン@にて案内をしています。

登録いただきましたら「レッスン」とメッセージ頂きますと自動返信にて案内を送ります

【名古屋】漢方養生レッスンを開催いたします(クラシックピアノ演奏付き)

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.