和漢・漢方

のどから来る風邪を引いてしまった方へ

投稿日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

今本当に風邪やインフルエンザの方が多いみたいですね。

そして私も今まさに風邪なのですが‥普段よりとても治りにくい気がします。

風邪は予防をすることがすごく大事ですね。

さて今日は葛根湯ではありませんが、これも風邪の初期に使う薬。

以前も紹介したことがあります喉の痛みが強いときに使う漢方薬になります。

 

銀翹散(ぎんぎょうさん)

こんな症状の方に

のどの痛みから始まる風邪の初期、発熱、のどの渇き、頭痛

 

この漢方薬の構成

  • 金銀花・連翹:上半身の熱を冷ます、風邪を追い払う
  • 桔梗:痰を鎮めて咳を止める、他生薬の働きをのどへ届ける
  • 甘草:のどの痛みを和らげる、他生薬のバランスを整える
  • 薄荷・牛蒡子・淡豆鼓:軽く発汗させる、炎症をとる
  • 淡竹葉:熱を冷ます、のどの渇きを和らげる
  • 羚羊角:熱を冷ます、気持ちを落ち着かせる

 

この漢方薬のはたらき

のどの痛みから始まった風邪の初期で、口が渇いて水が飲みたくなるといった症状に使います。

葛根湯も銀翹散も風邪の初期に使いますが、葛根湯は首の後ろからゾクゾクと寒気がくる風邪に効くのに対し、銀翹散はのどからくる風邪に適しています。

銀翹散は夏の風邪に当てはまることが多いのですが、冬でも暖房で乾燥した室内に長時間いることによりこのタイプの風邪になることがあります。

漢方では「風熱」の邪が、口や鼻から入って体表や肺などを傷つけると考えます。

暖かい空気が上に上るように「風熱」の邪は身体の上部にのぼり、鼻が乾燥したりのどに炎症を与えたり、頭痛といった症状が現れます。

また熱によって水分も消耗するので口が渇きます。

銀翹散はのどや体表の炎症を冷やしながら「風熱」の邪を追い払い風邪によるのどの痛みに効果を現します。

(⇑商品にリンクしています。)

いかがでしたでしょうか。

「のどから来る風邪を引いてしまった方へ」をお送りしました。

あとはのどをこれ以上乾燥させないために、マスクをするのがオススメです。

部屋に加湿器を置いたり、加湿器がないときは洗濯物を室内で干したりするのも良いですよ。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

友だち追加

⇑ライン@にてブログの更新や、漢方にまつわるお役立ちの情報の配信を始めます。登録してくださるとうれしいです。

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.