和漢・漢方

頭痛。西洋薬でもなかなか治らない方へ。

投稿日:


みなさんこんばんは。

漢方薬剤師のmyuです。

本日取り上げるのは、頭痛に使う漢方薬。

頭痛薬でなかなか収まらない、頭痛薬を使いたいけれど胃の調子が悪くなる…という方に。

 

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

こんな症状の方に

頭痛、吐き気、しゃっくりなど

 

この漢方薬の構成

  • 呉茱萸:胃腸の余分な水を除き気を下に降ろし、吐き気を止める
  • 生姜:身体を温め、消化を助け、吐き気を止める
  • 人参・大棗:元気を補い、身体を温め、胃腸を整える

 

この漢方薬のはたらき

身体が冷えている方に使うのが前提です。

お腹を温め冷えを取り除くことで、頭痛をしずめます。

冷えが原因にある場合の、吐き気、しゃっくりを止める働きもあります。

胃に冷えがあると体の中のめぐりが邪魔されるため、気や血の流れが乱れて頭の方へ向かっていきます。

呉茱萸湯は、この流れを正常にしてくれる漢方薬です。

(⇑商品にリンクしています。ちょっと苦味があります。レモンの苦味のような感じです。クセになる味かもしれません。)

 

いかがでしたでしょうか。

「頭痛。西洋薬でもなかなか治らない方へ。」をお送りしました。

頭痛は意外にお腹の冷えからきていることがあるんですよ。頭痛でお困りの方、一度お試しください。

 

それではみなさま、明日もご自身をいたわって健康でありますように。

「お薬一覧(五十音順)」
⇑これまでに登場したお薬をまとめています。ご参考ください。

-和漢・漢方

Copyright© 日本女性の美しさをそだてる和漢美容 , 2019 All Rights Reserved.